QLOOKアクセス解析

aniパンダの部屋

アニメの感想や買い物した時の日記などを綴っていくブログです☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

(感想)夢喰いメリー 第11話「夢の守り人」

夢喰いメリー
第11話 「夢の守り人」
・・・どうしよう、まったく魅力を感じなかった・・・汗
予想通り過ぎる展開と、ご都合主義に近い力関係・・・さすがにねぇ~・・・汗

meri11-1.jpg

※注意:愚痴文句です。今期はこんな気持ちにならずに済むと思ったのに・・・


【キャスト】
 ・メリー    佐倉綾音   ・秋柳貴照    立花慎之介
 ・藤原夢路   岡本信彦   ・飯島良太    鈴村健一
 ・橘 勇魚   茅野愛衣   ・ミストルティン 矢作紗友里
 ・光凪由衣   秋谷智子   ・レスティオン  黒田崇矢
 ・エンギ・スリーピース 遠藤 綾   ・老医師     高岡瓶々
 ・河浪千鶴   植田佳奈   ・パレイト    こやまきみこ
 ・霧島 咲   伊瀬茉莉也

【スタッフ】
 ・脚本    白根秀樹
 ・絵コンテ  山内重保
 ・演出    高島大輔
 ・作画監督  冷水由紀絵

【オープニング・エンディングテーマ】
 ・OP:『Daydream Syndrome』      (歌:藤原鞠菜)
 ・ED:『ユメとキボーとアシタのアタシ』(歌:メリー・ナイトメア Cv.佐倉綾音)

【あらすじ】
足の治療を口実に朝から光凪医院に勇魚・メリーとともにやってきた夢路。
早速エンギのデイドリームの中へ。すると、勇魚についているパレイトと
いう夢魔が現れた。だがパレイトもミストルティンの罠によって無理矢理
組み込まれたものだったとわかり、メリーもパレイトを無下に送り返せない。
夢路のなかでメリーの力を信じる気持ちと、勇魚の夢を案じる気持ちが
せめぎ合う・・・。





夢もキボーも自信すらもありゃしない。

いよいよ勇魚が飯島&ミストルティンのデイドリームに囚われ
夢を刈り取られてしまうまであと一歩という所になりましたね。
でも、そんなクライマックスみたいな展開なのに盛り上がらない。


その原因はメリーではなく夢路にあるでしょうね。ここまで酷い
主人公も珍しくないですかねぇ~・・・俺に任せろだなんだといい
ながら肝心なところで妥協、諦め、自信なし・・・etc


そりゃ、今期はダメ主人公は多いと思いますよ?『フラクタル』
のクレイン、『ドラゴンクライシス!』の竜司、『フリージング』
のカズヤあたりは大勢の方が当初見ていてイライラしたはず・・・


でもこの今挙げた3人は、今では自分が信じた道をどんな結末を
迎えるであれ、どんな手段であれ突き進む自信を身につけ行動を
起こしています。でも、夢路はどうよ?口だけもほどほどにしなッ!


勇魚の夢が掛かってるから手を出せない、メリーの願いを聞けない?
夢もキボーもあるし、信じてたんじゃないんですか?大事な人だから
"特別"は通用しない、むしろ大事な人だからこそ、今までの通り、
メリーを信じて実行すべきでしょう。


結局、夢路は今まで信じていると言いつつも、いざとなってメリー
の力を信じられてないし、勇魚を守ることも出来ないしで、見て
いてここまでイライラすることはめったにないよ!


せめて、せめてですよ?メリーを信じない時点で論外ですが、それ
に目を瞑ったとして、もっとやれることがあるでしょうに・・・ッ!
余裕そうに笑み浮かべたりしてる場合じゃないですよ・・・


ここまで使えない主人公ってどうよ・・・で、ですよ、これで次回、
最終回補正でメリー&夢路ペアの神バトルとか起こったら暴動を
起こしますよ?ここまでズタボロの癖にさすがにご都合主義過ぎ
って話になりますからね。


とにもかくにも、世間ではフラクタルェ・・・なんて言われちゃったり
してますが、正直じぶん的には『フラクタル』の方が断然面白い
と思うのですがね!・・・クレイン、最近めっちゃ頑張ってるしね!


・・・夢路に消えて欲しくてイライラが収まらないのですが、ついで
なのでもうひとつ思ったこと言っておきます。なぜミストルティン
撤退するん?怯えているヤツをコロスことに喜びを覚えるヤツじゃ
なかったん?


今なんて、勇魚の夢魔はもちろん、大事な人の夢を刈り取られる
恐怖でがくがくしている夢路やメリーを潰せる、そしてバトルは
河浪たちの方と遣り合えば十分に楽しめるでしょうに・・・?


しかもなんでテストの後まで待つんだよ・・・最終回への尺伸ばし?
ってかどうでもいいけど学校気まずッ!?


もう、訳がわからないよ・・・


同じシリアス調、でもなぜここまで違いが?

さすがに愚痴文句だけだとあれなので、今期同じシリアス調で
ここまで来ている『魔法少女まどか☆マギカ』と、どうして
ここまで差が付いてしまうのか、ホント一言で話そうかと思います。


・・・物語に山と谷がなさすぎる、平野過ぎるんだよ・・・。


『魔法少女まどか☆マギカ』の方には盛り上がりと沈み込みの
落差にインパクトが加わって、その落差に視聴者は引きこまれ、
思わず見入ってしまいます。スライダーとかで、滑り落ちる時、
集中するでしょう、極端に言えばそれと一緒ですよ。


ですが本作は?せっかく"夢もキボーもありゃしない"っていう
フレーズと、"夢もキボーもここにある!!"なんて言い回しがある
くらいなのに、どこまで行っても物語は平を行ってますよね。


淡々とシリアス、盛り上がりそうなところでも背景には普段と
変わらない暗いシリアス調が見え隠れ・・・そこに来て盛り上がり
に必要な夢路の言葉が口だけと来たもんだ・・・


物語は山なく谷なく、同じシリアス調。前者のように輝く所は
持ち上げ、落とすところはしっかりと徹底的に落とす、こう
しないとシリアス一定で見所なんてありゃしないよ・・・


心理だって、一定じゃ考えるまでもないし、夢路なんて・・・
もう、やめよ・・・


夢もキボーもあるんだよ?

いえいえ・・・こんなの絶対おかしいよ・・・


とにかく、両者の違いは正にそこですよ。次回は最終回、今の
所だとせっかく面白みをまだ持たせられそうだった"灯台"やら
"復讐"、それに"ジョン・ドゥ"といった伏線がトコトン生かし
きられず終了の予感なのですが、いったいどうなるんでしょうね。


ってか、マジでジョン・ドゥなんだったんだよって話になり
かねないし、灯台も一瞬出ただけって・・・どうなるんだよこれ・・・


そんなの、あたしが許さない・・・!!





次回は、
meri11-3.jpg


<過去記事>
 ・第1話 「夢現」
 ・第2話 「夢もキボ―も」
 ・第3話 「夢の向こうから」
 ・第4話 「夢喰いメリー」※現在欠番(ひっそり更新予定)
 ・第5話 「夢に惑って」
 ・第6話 「夢邂逅」
 ・第7話 「夢と水着と海の色」
 ・第8話 「夢回廊」
 ・第9話 「夢乱れて」
 ・第10話 「夢から覚めずに」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


でわまた。。。
関連記事

| 夢喰いメリー | 23:26 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://aniponda.blog119.fc2.com/tb.php/892-da5ab229

TRACKBACK

夢喰いメリー 第11話

第11話「夢の守り人」 【原作】牛木義隆 【監督】山内重保 【シリーズ構成】白根秀樹 【キャラクターデザイン】藤井昌宏 【制作】J.C.STAFF 【関連商品】 ※ここからは少しネタバレを含みます

| えんびは来ない | 2011/03/28 02:07 |

[アニメ]夢喰いメリー 第11話「夢の守り人」

救いのある人生を選ぶか、救いのない人生を選ぶかは自分次第。だけど、救いがあるかどうかは別問題だ。

| 所詮、すべては戯言なんだよ | 2011/03/28 16:39 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。