(感想)魔法少女まどか☆マギカ 第3話「もう何も恐くない」

0 73
魔法少女まどか☆マギカ
第3話 「もう何も恐くない」
衝撃的な回でしたが、その分、これだけでは終わらないという
感じを強く与えられた話でもありましたね・・・

magika3-10.jpg
【キャスト】
 ・鹿目まどか 悠木碧    ・上条恭介  吉田聖子
 ・暁美ほむら 斉藤千和   ・鹿目詢子  後藤邑子
 ・美樹さやか 喜多村英梨  ・鹿目和久  岩水哲哉
 ・巴 マミ  水橋かおり  ・女子    大久保瑠美
 ・キュゥベエ 加藤英美里

【スタッフ】
 ・脚本    虚淵玄
 ・絵コンテ  芦野芳晴
 ・演出    八瀬祐樹
 ・作画監督  潮月一也・神谷智大

【オープニング・エンディングテーマ】
 ・OP:『コネクト』(歌:ClariS)
 ・ED:『Magia』  (歌:Kalafina)





取り巻く光は強くなり・・・

magika3-3.jpg

OPに微妙に修正というか変更が加えられてましたね!ひとつが
見ての通り、変身シーンにおける光の取り巻きの強さの変化!!


修正ではないと思われますが、ではどんな意味が?あえて意味を
付けるとするなら"まどかの魔法少女に対する心境"でしょうね。
今回でまどかは自身の思いを見つめることができましたからっ!


そしてあとはサビの部分でまどかが魔法少女の姿で走るその背景、
流れる街並みのスピードが早くなってます。これは修正という気
がしなくもないですが・・・


何もかも疑って係るならば、"魔法少女"まどかが走っている暗い
背景がより速さをまして流れていく・・・今回、まどかが魔法少女へ
の思いを見つけたその時から早く動き始めるわけですから、物語
が何やらどこか良くない方向へと動き出したかのようにも思えます。


まぁさすがに考えすぎで、やはり後者は修正だと思いますが、まぁ
そんな推測も楽しめちゃう、興味深い作品だなということですよ☆w



彼女だけは、契約させるわけにはいかない。

magika3-5.jpgmagika3-6.jpg

やはりというか、ほむらはまどかを魔法少女にするのには断固反対
のようですね。まどかを引っ張っているマミにこうまで敵意を見せ
るというのは・・・。


どうしてほむらはそこまで・・・?まどかには想像を絶するような才能
があるらしいとキュゥベエが言ってましたし、マミもまどかの力を
感じているよう・・・そして先輩は"それが理由でしょ?"と考えてる。


まぁやっぱ理由は違う気がしますよね。ほむらは恐らく何かを知って
いるはず、そしてじぶんの前回考えた推測通りならまどかに関係がある
"未来"の何かを・・・。そこでも鍵になりうるのはほむらの"願い"ですね。


そう、願いといえば、マミは何を願ったのでしょうか?おそらくまぁ
"生きたい"ということでしょうが、あれは家族一緒に遭遇してしまった
事故な感じですよね。彼女のあの言葉には、ここでのことも含まれて
いたのかも・・・?


何言ってるのもう、うそでしょ~

magika3-15.jpg

上でも流れ的に必要だったので書いちゃいましたが、キュゥベエ曰く、
まどかにはものすごい力が秘められているらしいですね。これには
キュゥベエがまどかの家に居座っているのにも関係しているのかな?


あとさらっと出ましたけど、願い事によってソウルジェムの大きさは
変わるんですね、これってまさか奇跡の大きさ=対価の大きさなんて
ことなのでしょうか・・・汗


あとはキュゥベエね、影がいかにも怪しい感じに伸びてる気がします。
が、なんか3話まで見てきて、怪しそうに見えて怪しくはない気が
してきました。作品冒頭のラストっぽいシリアスシーン、彼はただ、
淡々と役割を果たそうとしているだけなのではないか・・・なんて・・・w


まぁまさかの魔女の使い魔・キュゥベエなんてオチもなくはない、いや
むしろ全然違和感ない気もしますが、じぶんは無実に一票ですねw
作品冒頭のあの出オチ的シリアスシーンをどう捉えるかによって考えは
変わってくると思いますよ!そこについてはまた今度どっかで書きますッ


あたし、一人ぼっちじゃないものっ

magika3-9.jpg

ここ、さっきの事故での思いも詰まった言葉じゃないかなって思います。
仮に"生きたい"という願いだった場合、誰かのために願いを使ったので
はなく、自分のために使ってます。それは、自分だけ助かるということ。


このマミの"ひとりぼっち"は戦う中での"ひとり"も含まれていると思い
ますが、実は彼女の心の中も全部含めての"ひとり"だったんじゃないか、
なんて。自分のために使っても自分に何かしらの悲劇をもたらす。"孤独"


本当に"奇跡"="対価"だと思いますね。彼女が背負った対価というのは、
魔法少女として危険な道を歩んでいくということではなく、真実は奇跡
によって生み出された孤独を背負っていくことだったんじゃないですかね・・・


"奇跡=対価"、果たしてまどかは、一体何を願うのか・・・


"魔法少女になること"

magika3-12.jpg

まぁもちろん対価として魔法少女として戦うのはデフォルトなわけで・・・
そこには命に直結するリスクがありますよ、だから戦死も当然・・・


マミが食べられ殺されてしまったことは正直に衝撃だったし絶句状態
でしたけど、冷静に考えて見ればマミの退場は予想が出来ましたよね。


前回言ったかは忘れましたが、マミは物語の上でキーを握っている
感じではありませんでした。ほむらのまどか参入の拒絶の意味を
理解していない(推測ですが・・・汗)ようでしたし・・・。


マミの物語での役割としては、魔法少女を教え、見せ、そして結末
を目の当たりにさせる、これでまどか達が魔法少女に関してひと通り
知ることが出来ましたからね。もちろん、全ての役割終了はマミの・・・


それにしても、まぁメインっぽいキャラを容赦なく、よりにもよって
細かな描写までしてくれて消し去るとは虚淵さん、伊達じゃないッ!!
おかげで、今後ざくざく悲劇が起こる感じがしてきましたわ・・・汗


目に焼き付けておきなさい、

magika3-13.jpg

で、ほむらさん。今思えばなぜマミとほむらはあそこまで対立して
いたのか。まどか関連を除いたとしても最初からあぁだった気が・・・


この二人の間では"魔女を倒した見返り"を巡る一悶着があったので
しょうか、ならマミがほむらの意を曲解するのも説明できちゃいますね。
今後、マミが消えたことで新キャラが参加してくるでしょうが、その
時のまどかやさやか、そしてほむらの反応がとても気になりますね。


そして、まどかが何を願うのかも注目。まぁないだろうってのは
"マミを生き返らせて"とかかな。まどかはマミが大好きだし、また
生き返るのならそうしたいと思うかもですが、それでは冒頭での
マミの言葉に反しますからね。まさにあれがここに繋がるのでは?


可能性がないとはいえませんがね、逆にあの言葉を受け取っての
覚悟の"願い事"としてまどかが生きかえさせるというのも・・・
でもそれではじぶんの推測とはまた違う方向に・・・って、別にいいか、


結局、もう退場か、と聞かれればじぶんは"マミが生き返る"気が
する、と答えます。それはどんな形での"生き返る"かはあれですが。


なんにしろ、ますます楽しみになってきましたよこりゃッ!!
今後的に、この作品は直感感想じゃなくちょい考察的にいけたらな
と思っております、そのためにもじっくり見落としないようにしな
いとですね!、それでは次回に期待ですッ☆





次回は、
magika3-14.jpg


<過去記事>
 ・第1話 「夢の中で会った、ような・・・」
 ・第2話 「それはとっても嬉しいなって」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
  アニメ感想


でわまた。。。
関連記事
ページトップ