QLOOKアクセス解析

aniパンダの部屋

アニメの感想や買い物した時の日記などを綴っていくブログです☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

(感想)ヨスガノソラ 第6話「アキラメナイヨ」

ヨスガノソラ
第6話(A4) 「アキラメナイヨ」
瑛がどうして笑顔を絶やさないのか、その理由が分かりましたね。
そして大好き&むぎゅ~はとっても彼女らしいです☆
・・・え、その先?なんのことでしょう、知りませんね。

yosuga6-5.jpg

非エロ&現実逃避+批判チック記事ですのでご注意を!


【キャスト】
 ・春日野悠   下野 紘   ・春日野操  羽鳥靖子
 ・春日野穹   田口宏子   ・瑛の祖父  納谷六朗
 ・天女目瑛   阪田佳代   ・瑛のおじ  佐藤広大
 ・渚 一葉   小野涼子   ・瑛のおば  神田みか
 ・伊福部やひろ 田中涼子   ・女子生徒  岡嶋 妙
 ・一葉の母   村井かずさ         古木のぞみ

【スタッフ】
 ・脚本    荒井稔久
 ・絵コンテ  佐々木奈奈子
 ・演出    上田 繁
 ・作画監督  菊池聡延

【オープニング・エンディングテーマ・挿入歌】
 ・OP :『比翼の羽根』  (歌:enfonius)
 ・ED :『ピンキージョーンズ』 (歌:ももいろクローバー)
 ・挿入歌:『ツナグキズナ』 (歌:leam.ねこかん[猫] featuring天乙准花)

【あらすじ】
夏祭り当日、舞台で舞う瑛の目から涙が零れ落ちるのを見た悠は、社務所に
駆け付ける。そこには悠の祖母の『瑛ちゃんと一葉ちゃんは取り違えられた可
能性』という一文が書かれた日誌を燃やそうとしている瑛の姿があった。
翌日、悠は学校で瑛から別れを切り出された。大切な人を次々と失ってしまった
瑛は、悠もいつか自分のもとから離れてしまうのではないかと考えていたのだ。
しかし「永遠になくならないものはあるよ!」という悠は、一葉にすべてを打ち
明けてDNA鑑定を申し入れる。そして一葉もそれを了承するのだった。
悠からDNA鑑定を行なうと告げられた瑛は、一葉や悠とともに、鑑定結果を聞く
約束をする。だが結果が出る当日、瑛は町から逃げ出そうとしていた。
しかし、悠の説得も有り、皆の元に戻った瑛。
意外にも彼女の前に現れたのは、一葉の母親であった…。




以下は非エロがよかった&作品の脆さが見えてきたという方限定!


<本編(・・・?w)>
ないよッ!

yosuga6-1.jpg

瑛が頑なに言い張る、"なくならないものなんてない"という
主張、それは今まで彼女が大切にしてきた、思ってきた存在
が次々と、自分を残して消えていってしまっていたから・・・


瑛の気持ち、それはたぶん、失い続けてきた人にしか決して
わかるものではない、計り知れない空虚な、寂しい、悲しい
気持ちなのでしょうね・・・


"だからもう、大切なものをつくりたくない"

それが自分の中での大切なものになったら、また、自分の前
から、消えてなくなってしまうから。大切なものにしなけれ
ば、前から消えることはないかもしれないから・・・


ありがとう。

yosuga6-2.jpg

瑛の気持ちがあって、その気持ち・考えに対して、"違う"
と教えたい悠の行動なのですが、これって本当に彼女のため?


さすがによそ様の血縁うんぬんにまで首って突っ込んでいい
ものじゃないですよね、本人嫌がってるし・・・汗


ここでの悠の行動、瑛の気持ち、そして一葉、その母に対して
の描写がもう少し欲しかったかな、どうにも急展開という感じ
を拭いきれない、消化不良のような感じになってしまう気がするっ汗


・・・・・♪

yosuga6-3.jpg

今回の話の中で一番ここが感動した!というかここしか感動しなk(ry


瑛がいっつも笑っている理由、それって自分を最後まで大切に
思ってくれていたおじいちゃんのおかげだったんですね!


誰もが瑛を"要らない子"だと思う中、おじいちゃんだけが、
"あの笑顔は誰にも負けない、守ってやりたい・・・"と。


そのおじいちゃんの優しい、強い思いに答えてあげたい、
答えなきゃらならない、そう幼心に思って、どんなに辛い
ことがあったとしても誰かの前では笑っていたんでしょうね・・・


瑛の決意・想い、をこのシーンに強く感じ取ることが出来ました。


・・・ありがとう、カズちゃんのお母さん・・・

yosuga6-6.jpgyosuga6-7.jpg

特に大した話ではありませんでしたね・・・汗


一葉の母が実はとっても優しかった、ということと、あの
ペンダントを通じて、大切にしているものだって、必ず無く
なって見つからなくなるだけではなく、再び元に戻ってくる
こともある、ということが伝わった、ということが大事な
ことくらいですかね?


で、その大切なことを直に思わされた瑛は、大切な存在を
受け入れ、一緒に進んでいくことを決意するんですね。


ちょっと強引過ぎる流れですが、そうしてエロへと持って
いくと・・・苦笑


大好きっ♪

yosuga6-8.jpg

うん、いい最終回でした!


この先はじぶんは記憶にありません、えぇ、顔に似合わず結構
エロいこと好きなんだな、こいつ・・・とか思ってませんから。


むぎゅ~くらいで止めといてください、ここでまさかのむぎゅ~
の意味が抱きしめる→抱く→閨、なんて勘弁です。


かなり駆け足で荒っぽい、
それでいて瑛がエロ好きでびっくりな瑛編でした。



<M6>
ハルなんて大っキラーイッ!!!

yosuga6-9.jpg

穹がかわえぇぇぇッ!!!


これが見れただけで、今回はもういいです、こっちが本編です!
裏本編の22分ある方での穹のストーリーは1ヵ月後から。


エロ描写が色々と関係的に危ないとは思いますが、それはさて
おいても、心理描写やら展開やらに輝きがあることを祈ります☆


ちなみにメガネさんはどうにも好きになれないので・・・どうしよう・・・汗w



講評(批判チック)

※以下は作品全体に関する文句です、見たくない人は回れ右!

まずは感想を書いていて、我ながら天晴れなほどエロを否定したなぁ
と思うところが第一!笑、本来なら作品全体を見ないで目を背けた
ことになるのであまり良しとはいえませんが・・・ご勘弁を・・・


で、思うところというのが、何を隠そう話を進める上での心理描写、
そして展開に必要な根拠があまりにも足りないし、スルーされすぎ!!


イベントは起こるけど、どうしてそうなったのか、そしてどうして
そういう風に話は進んでいくのか、そういったものが示されなさ過ぎ
だと思いますね。


だからこそイベントが起こっても、どこか消化不良な感じで釈然と
しないまま幕を閉じてしまった感じを受け、印象に残らないという
ことが発生しちゃっているのではないでしょうか?


見た方、印象に残っているところがせいぜい、瑛の母は一葉の母では
なかったというのと、あのエロシーン、そして"おまけストーリー"
しかないのではないでしょうか?


そうだとするのなら、それがまさに、描写不足による根拠の欠乏、
心理描写の薄弱、ゆえの消化不良に違いないでしょう。


見た感じとんとん拍子に物語が進んでいくかのように見えますが、
それはただ置いてきぼりでどんどん行っちゃっているだけであり、
テンポがいい、なんていい方は当然ですがしません!


前回も言いましたが音楽だけは秀逸、その音楽に見事に調和した
ストーリー、カット、構成、まさに絵になっていますよ。逆に
言えば、その絵になっているところがなければもう我慢の限界
を突破してしまうでしょう・・・エロ目的の人は別ですがね。


この話に限定したって、大きなところでは瑛の心理変化、その
要因、一葉と下野、一葉と母、瑛と悠、そして取り巻きの伊福部
など、そのあたり、弱すぎ。全部か・・・。特に一葉と母、瑛を左右
する核となるのがこの二人なのだからもう少し色々と見せてくれ
ないと。尺なんて言い訳に過ぎませんよ、『アマガミ』見てよ。


それに、上でも言ったかもですが、やっぱり一葉の母が瑛を遠ざ
けていた意味がわからない、悪いことしちゃいないじゃないか。
気まずさは確かにあったかもしれないけど、それだって気まずさ
で片付けるには違和感ありまくりな関係性・心理だと、今の描写
だけでは思わざるを得ません。


もうツッコめばずっと語っていられそうですが、大体大まかな
あたりはざっと攫ったのでもうやめときます。


はぁ、第1話のときはこの素晴らしいBGMにカット、静かさ
の中に見出せる心、美しい背景、触ったら壊れそうな危なさも
どこかに滲ませた作品の雰囲気で感動していたというのに・・・


どうして大雑把になってしまったのか・・・エロしか覚えてない
というのは、ただ見ている人がそれ目的だ、ということを除い
ても、それはストーリーが、心理描写が荒っぽいからです、
ちゃんと筋書きを追える根拠がないからです。


図らずも、エロを否定していたが故に、エロシーンばかりが
印象に残るという事案から裏付けられる作品の構成、ストーリー
の粗雑な部分だったのではないでしょうか。


エロを許容しても目立つ粗雑さ、過激なエロ描写は認めたと
しても、この粗雑な部分だけはどうにかしてもらいたいものです。



・・・このままでは最終回の時に必ず言えていた、

"おつかれさまでした&ありがとうございました"

が言えなくなってしまいます・・・
もしそうなれば、残念というほかはもう何もないでしょう・・・


ぜひ、次回から始まる新ヒロインでの新たなストーリーで
丁寧に描きこまれた展開が始まることを期待しております。

エロは・・・文句いいませんから、ホントお願いいたします・・・




次回は、第7話(第2話:依媛ルート②)
yosuga6-z.jpg



<過去記事>
 ・第1話(共通①) 「ハルカナキオク」
 ・第2話(AK②) 「アキラハズカシ」
 ・第3話(K③)  「ツカズハナレズ」
 ・第4話(K④)  「ハルカズハート」
 ・第5話(A④)  「ヤミアキラカニ」



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
  アニメ感想


でわまた。。。
関連記事

| ヨスガノソラ | 03:19 | comments:10 | trackbacks:16 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://aniponda.blog119.fc2.com/tb.php/676-cdc7f4aa

TRACKBACK

ヨスガノソラ 第6話

第6話『アキラメナイヨ』ヨスガノソラ Blu-ray 天女目瑛今回は、瑛後編ですね。

| ニコパクブログ7号館 | 2010/11/09 03:37 |

ヨスガノソラ #6

【アキラメナイヨ】 ヨスガノソラ Blu-ray 春日野穹【数量限定生産版】出演:下野紘キングレコード(2011-03-23)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 何かを得られる確信はあるのかなぁ? 

| 桜詩~SAKURAUTA~ | 2010/11/09 03:50 |

ヨスガノソラ 第6話 「アキラメナイヨ」 の感想

ヨスガノソラ 初回限定版 by G-Tools エロイというよりもはや面白いなw -公式サイト・Wikipedia- StarChild:ヨスガノソラ ヨスガノソラ - Wikipedia -あらすじ- 春日野悠(はるか)は双子の...

| 24/10次元に在るブログ | 2010/11/09 03:59 |

ヨスガノソラ 第6話 「アキラメナイヨ」

姉妹愛は強し、そして男女の愛も勿論強し…。

| 光速アニメ感想記 | 2010/11/09 04:39 |

ヨスガノソラ #06 『アキラメナイヨ』 感想

  “永遠になくならないものなんて無い” 彼女はそう言いますが、あながちそんなこともなかった。 一葉の母親が瑛を最初に抱いた時に感じたあの気持ちは、決してなくなったわけではない。 むしろあ...

| 隠れオタん家 | 2010/11/09 07:02 |

『ヨスガノソラ[第6話:アキラメナイヨ(A4)]』(今日の視聴アニメ感想/レビュー1/3)

本日視聴のアニメは3本。まずは『ヨスガノソラ』第6話「アキラメナイヨ(A4)」の感想/レビューです。『ヨスガノソラ』第6話「アキラメナイヨ(A4)」昼メロばりの展開・・・いや韓流か?!お決まりのエロもありましたね。『天女目 瑛』編、完結です。さて、ここにきて怒

| アニメノオト | 2010/11/09 07:25 |

(むぎゅ~)ヨスガノソラ 6話「アキラメナイヨ」(感想)

天女目瑛後編だった6話。 彼女の出生の秘密が明かされていきます!!   ヒロインの問題が解決するたびに悠と結ばれる展開。 みているこっちがドキドキします!! キュートな瑛さんでも、女になった...

| 失われた何か | 2010/11/09 07:41 |

ヨスガノソラ 第6話「アキラメナイヨ」

衝撃的な事実なのに、一葉はどんだけ寛容なのだか・・・・・・このアニメ、キャラクターの心理描写がないと言っても等しいくらい浅いので、言動に説得力が伴わない。なので展開がもの凄く不自然かつご都合的に感じられ、ストーリー自体は悪くないんだけど、全てを台無しに...

| よう来なさった! | 2010/11/09 09:42 |

ヨスガノソラ 第6話「アキラメナイヨ」

今回は正直言って微妙。 展開が無理くり過ぎる感じだったし、なにより瑛ルートがこれで終了というのに驚いた。 こりゃアニメは1クールなんだなー。 悠はよそ様の事情に首突っ込み杉だよね(^_^;) まあすでに瑛とは将来を誓い合った仲なんだろうけど。 まわりも素直

| のらりんクロッキー | 2010/11/09 10:21 |

ヨスガノソラ 第6話「アキラメナイヨ」

自重しないヨスガノソラ、ヒロイン2人目完結編の巻ですね(笑) ヒロイン毎にサービスあるってことで。 いろいろ変えないといけないから、悠もタイヘンですね~(ぇ)  ▼ ヨスガノソラ 第6話「アキラメナイヨ」  瑛は亡くなった祖母の患者の記録を処分しよ

| SERA@らくblog | 2010/11/09 10:53 |

ヨスガノソラ 第6話「アキラメナイヨ」

あきらルートもう終わりー!? 早いw 衝撃の事実! 確かに髪の色が・・・?(゚ω゚)ハッ 昼ドラドロドロ展開(゚∀゚)キタコレ! 永遠に変わらない愛なんてあるの? イケメン見てたら信用できないよ? 必要とされずに生まれてきて、誰からも愛されなかった...

| 空色きゃんでぃ | 2010/11/09 11:18 |

ヨスガノソラ 第6話「アキラメナイヨ(A4)」 レビュー キャプ 

さあ、瑛ルート最終章でございます! なぜか医院から紛失していた出生記録が瑛の手の中に…! 瑛はそれを悠の目の前で焼いてしまおうとするが、なんとか それを阻止する悠。ページをめくると、そこには衝撃の 一行が! 瑛ちゃんと一葉ちゃん 取り違えられた 可能性有り...

| ゴマーズ GOMARZ | 2010/11/09 12:23 |

ヨスガノソラ 第6話『アキラメナイヨ』

第6話 『アキラメナイヨ』 〔あらすじ〕 夏祭り当日、舞台で舞う瑛の目から涙が零れ落ちるのを見た悠は、社務所に駆け付ける。 そこには悠の祖母の『瑛ちゃんと一葉ちゃんは取り違えられた可能性』と...

| いま、お茶いれますね | 2010/11/09 12:41 |

(アニメ感想) ヨスガノソラ 第6話 「アキラメナイヨ」

ヨスガノソラ Blu-ray 渚一葉クチコミを見る 夏祭り当日、舞台で舞う瑛の目から涙が零れ落ちるのを見た悠は、社務所に駆け付ける。そこには悠の祖母の『瑛ちゃんと一葉ちゃんは取り違えられた可能性』という一文が書かれた日誌を燃やそうとしている瑛の姿があった。

| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2010/11/09 20:38 |

ヨスガノソラ 第6話 「アキラメナイヨ」 感想

夏祭り当日、舞台で舞う瑛の目から涙が零れ落ちるのを見た悠は、 社務所に駆け付ける。 そこには悠の祖母の『瑛ちゃんと一葉ちゃんは取り違えられた可能性』 という一文が書かれた日誌を燃やそうとし...

| ひえんきゃく | 2010/11/10 01:19 |

ヨスガノソラ 第6話「アキラメナイヨ」

ヨスガノソラ Blu-ray 天女目瑛瑛ルートの後編! 悠の言動にいら立ちを覚えましたよ・・・

| 明善的な見方 | 2010/11/10 23:46 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。