QLOOKアクセス解析

aniパンダの部屋

アニメの感想や買い物した時の日記などを綴っていくブログです☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

(感想)GOSICK -ゴシック- 第20話「ファントムの幽霊に導かれる」

GOSICK -ゴシック-
第20話「ファントムの幽霊に導かれる」
再び連れていかれてしまったヴィクトリカ。そして、それを再び追う九城。
オカルト省はなぜ、今になってココ・ローズ事件の真相を暴こうとするのか・・・。

ゴシック20話の感想


【キャスト】
 ・ヴィクトリカ 悠木 碧    ・ブロワ侯爵  菅生隆之
 ・九城一弥   江口拓也    ・ジンジャー  斎藤恵理
 ・グレヴィール 木内秀信    ・管理人    早坂直家
 ・コルデリア  沢城みゆき   ・侯爵の部下A 佳月大人
 ・ブライアン・ロスコー  大川 透    ・侯爵の部下B 宮下栄治
 ・セシル    鹿野優以    ・侯爵の部下C 村田太志
 ・ゾフィ    根谷美智子   ・侯爵の部下D 中西としはる

【スタッフ】
 ・脚本    根元歳三
 ・絵コンテ  京田知己
 ・演出    京田知己
 ・作画監督  山本尚氏・阿部尚人

【オープニング・エンディングテーマ】
 ・OP:『Destin Histoire』(歌:yoshiki*lisa)
 ・ED:『unity』     (歌:コミネリサ)

【あらすじ】
劇場ファントムで上演される『ソヴレムの青い薔薇』。それは、悲劇の王妃、
ココ・ローズを描いたものだった。その王妃殺害事件の真相を暴くため、
ブロワ侯爵によってヴィクトリカが劇場に連れてこられる。なぜ、彼らは
王妃殺しの犯人を追うのか・・・?
オカルト省の思惑が渦巻く場所で、ヴィクトリカに危機が迫る・・・!





・・・これは、立派な科学ではないか。

ゴシック20話の感想

ベルゼブブの頭蓋からヴィクトリカを救い出したかと思っていたら
再び前回、オカルト省によって連れていかれてしまったヴィクトリカ。
それを知った九城が再び彼女を追う!もう友だちを明らかに超えてる!


ここに至って最早九城とヴィクトリカ、友達でなく固い絆で結ばれた
二人で一人の存在だろ!そう思わずにはいられませんよね。いかなる
大嵐が来ようとも、物理的に引き離されても、心はずっと、共にある・・・


さて、そんなわけで今回オカルト省、ブロワ侯爵がヴィクトリカを
連れてこさせた理由は、もう何年も前になる当時迷宮入りした王妃、
ココ・ローズ殺害事件の真相を暴かせるため。何故今になって・・・?


一体オカルト省はどんな思惑があって、王妃殺害の犯人を突き止め
たいのか・・・?それはやっぱり"大嵐"に関係があることなのでしょうか。
何しろ、灰色狼を使っているわけですからね。大嵐のための兵器として
の、灰色狼・・・。ただの謎解きのためだけの存在ではないはずですからね。


"ロスコーの企み"

ゴシック20話の感想

一方、暗躍しているのあブロワ侯爵率いるオカルト省だけではなく、
ブライアン・ロスコーたちを忘れてはいけませんよね。彼は今回も
またこの場に登場しました。一体、何故?


そして気になるのはロスコーがいくら奇術師だからと言って、同時
に2つの場所には存在出来ないだろう?という点。今回、九城がいた
入り口で門番を倒していたロスコー、だが同時刻、ヴィクトリカたち
のいる部屋を襲撃したロスコーも存在していた・・・。


さすがにムリ、ですよね・・・?とすると考えられるのは、ロスコーは
双子だということ。そうすると、今までのアクションを起こしていた
ロスコーはどっちなのか、という疑問が生じますし、それに若干です
が、目的?というか、やり方に違いを感じますよね。


果たして、ロスコーは双子なのか?そして思惑巡らす彼らは一体何を
それぞれやり遂げようとしているのか。ヴィクトリカと九城は二人で
また共に笑い合える結末が待っているのか?次回以降、クライマックス!!


期待ですねッ!!





次回は、
ゴシック20話の感想予告


<過去記事>
 ・第1話 「黒い死神は金色の妖精を見つける」
 ・第2話 「死者の魂が難破船をおしあげる」
 ・第3話 「野兎達は朝陽の下で約束をかわす」
 ・第4話 「金色の糸はつかのまを切り裂く」
 ・第5話 「廃倉庫には謎の幽霊がいる」
 ・第6話 「灰色の狼は同胞を呼びよせる」
 ・第7話 「夏至祭に神託はくだされる」
 ・第8話 「過去の王国に遠吠えがこだまする」
 ・第9話 「人食いデパートに青薔薇は咲く」
 ・第10話 「風邪ひきは頑固な友人の夢をみる」
 ・特別編 「春来たるGOSICKスペシャル -美しき怪物は混沌の先を視る-」
 ・第11話 「そのドリルは雄弁に愛を語る」
 ・第12話 「夏の午後に蝉の声を聞く」
 ・第13話 「愚者は己の代弁者を指名する」
 ・第14話 「意地悪フリルは屁こきいもりを糾弾する」
 ・第15話 「二匹の怪物は心をかよわせる」
 ・第16話 「落下させるマリアは蠅の頭をもつ」
 ・第17話 「螺旋の迷宮にその箱はねむる」
 ・第18話 「漆黒の列車はいくつかの嘘を運ぶ」
 ・第19話 「薔薇色の人生は新雪に埋もれる」


でわまた。。。



↓拍手なんかして頂けるとめっちゃ元気になります!!
関連記事

| GOSICK -ゴシック- | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://aniponda.blog119.fc2.com/tb.php/1121-387e4d1f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。