QLOOKアクセス解析

aniパンダの部屋

アニメの感想や買い物した時の日記などを綴っていくブログです☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

(感想)GOSICK -ゴシック- 第19話「薔薇色の人生は新雪に埋もれる」

GOSICK -ゴシック-
第19話「薔薇色の人生は新雪に埋もれる」
繰り返される悲劇とも言えるけれど、繰り返される絆の連鎖とも言える。
コルデリアの悲しみは娘に継がれる。けれど、思いも継がれていきました。

ゴシック19話の感想3


【キャスト】
 ・ヴィクトリカ 悠木 碧    ・ジュピター・ロジェ 石塚運昇
 ・九城一弥   江口拓也    ・ルパート   志村知幸
 ・グレヴィール 木内秀信    ・ジンジャー  斉藤恵理
 ・コルデリア  沢城みゆき   ・アレックス  野田順子
 ・ブライアン・ロスコー  大川 透    ・医師     加藤将之
 ・アブリル   下屋則子    ・看護師    美 名
 ・セシル    鹿野優以    ・生徒A    井上 剛
 ・ゾフィ    根谷美智子   ・生徒B    村田太志
 ・ブロワ侯爵  菅生隆之    ・セルジウス  堀勝之祐

【スタッフ】
 ・脚本    岡田麿里
 ・絵コンテ  タムラコータロー
 ・演出    政木伸一
 ・作画監督  熊膳貴志

【オープニング・エンディングテーマ】
 ・OP:『Destin Histoire』(歌:yoshiki*lisa)
 ・ED:『unity』     (歌:コミネリサ)

【あらすじ】
ソヴュールに来てはじめての雪にはしゃぐ一弥は、ヴィクトリカにプレゼントを
買うためソヴレムに向かう。そこでは、舞台『ソヴレムの青い薔薇』が上演され
ようとしていた。かつてコルデリアが、踊り子として舞台に上がっていた場所でも
ある劇場”ファントム”。
ヴィクトリカ誕生の秘密が、母・コルデリアの過去と共に幕を開ける――。





"母娘"

ゴシック19話の感想2ゴシック19話の感想5

踊り子として苦しい生活を送ってはいるものの、そこには
大切な人がいる、微笑んでいてくれる。コルデリアの過去。
望まぬ妊娠から出産をさせられ、ただ一重に不幸かといえば
そうでもないかなとも思えますよね。出会い、絆を考えて・・・。


対して娘のヴィクトリカ。大切な物、絆を持たず愛を持たず
過ごしてきたけれど、その生活に彼女に欠落した全てを持って
来てくれたかのような青年・九城。でもその彼は、いつも微笑
んでくれていると思っていたのに、今はいない、見つからない。


コルデリアとヴィクトリカ。この幸せで、そして不幸な二人
の母娘は同じ境遇であると同時に、相反する状況を現在は
送っていますね。難しい。同列であって、対局であって、
でも同時に母から娘への時間の流れと受け継ぎから、過程
でもある感じ・・・。


だけど、結末的には至極簡単。一緒に入られる存在を得ている
ということでしょうね。貴族によって引き裂かれようが、予言
によって引き裂かれようが、最後は想いあう、絆で繋がり合う
存在同士が共に時間を過ごせるようになるはずです。


私は見つけられなかった・・・

ゴシック19話の感想6

ヴィクトリカの心情に焦点を当てて考えて見れば、でも今の
状況はかなり彼女に辛い思いをさせているのかなと思います。


あくまで今は試練苦難の時、だから引き裂かれようがすれ違
おうが、気にせず突き進むべきなのですが・・・。やはりいつも
自分を見つけてくれる彼を自身が見つけられないというのは
悲しさ、そして悔しさなんてものがこみ上げてきているでしょうね。


母から娘へ、娘から彼へと繋がっていくペンダントという絆。
果たしてこの物語の果てに、結ばれた人たちにハッピーエンド
は待っているのでしょうか?注目ですね。





次回は、
ゴシック19話の感想予告


<過去記事>
 ・第1話 「黒い死神は金色の妖精を見つける」
 ・第2話 「死者の魂が難破船をおしあげる」
 ・第3話 「野兎達は朝陽の下で約束をかわす」
 ・第4話 「金色の糸はつかのまを切り裂く」
 ・第5話 「廃倉庫には謎の幽霊がいる」
 ・第6話 「灰色の狼は同胞を呼びよせる」
 ・第7話 「夏至祭に神託はくだされる」
 ・第8話 「過去の王国に遠吠えがこだまする」
 ・第9話 「人食いデパートに青薔薇は咲く」
 ・第10話 「風邪ひきは頑固な友人の夢をみる」
 ・特別編 「春来たるGOSICKスペシャル -美しき怪物は混沌の先を視る-」
 ・第11話 「そのドリルは雄弁に愛を語る」
 ・第12話 「夏の午後に蝉の声を聞く」
 ・第13話 「愚者は己の代弁者を指名する」
 ・第14話 「意地悪フリルは屁こきいもりを糾弾する」
 ・第15話 「二匹の怪物は心をかよわせる」
 ・第16話 「落下させるマリアは蠅の頭をもつ」
 ・第17話 「螺旋の迷宮にその箱はねむる」
 ・第18話 「漆黒の列車はいくつかの嘘を運ぶ」


↓拍手なんかして頂けるとめっちゃ元気になります!!
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


でわまた。。。
関連記事

| GOSICK -ゴシック- | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://aniponda.blog119.fc2.com/tb.php/1042-37443775

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。